So-net無料ブログ作成

医大へ(嫁さん編) [体調と病気のこと]

だいぶ悩んだが、やはり付き添うべきだと気づいた(-_-;) ちょっとお金のことばかり考えてた自分に反省です。
妻の病気、しかも難病、手術かどうかという説明に同席しない旦那は失格ですよね。。。。ごめんなさい。

と、いう訳で病院へ行きました。付き添いは初めてです。前回はインフルエンザ出入り禁止でしたからね。

私同様、まずは採血から。違うのは「絶食」であったことだ。
今日は結構多かった。

そして内科へ。
こちらは待合室の椅子は結構空いてるが、部屋は私の受診している整形や皮膚科、眼科と違い、倍くらいだもんな。
1時間くらい待ちでした。結構早かった。

一番気になるのは現状。そして手術するのかどうか。
診断は「クローン病」で確定しました。そして手術は・・・しません。との事でした。ほっとした・・・
手術をしてもすぐに再発するらしいです。うちのみたいに年季が入った症状では無理みたいです。
内視鏡の画像をみたが、潰瘍がまるで雑草のようにおびただしい。そして傷、びらん、ひどいもんだ。
治療は絶食に近い食事制限と、投薬治療になりました。
「ステロイドを使うのですか?」と質問したら、

D:「いえ、そんな強い薬は使いません。」と・・・続けて「症状がひどくなったら少し強い薬に変更します」でした。

私が使ってるプレドニンは強いんだ。。。。(-_-;)


 「強い薬ってミュヒラとかですか?」と尋ねましたら、

D:「そうです。ヒュミラを使おうと考えてます」と・・・ありゃりゃ恥ずかしい言い間違え(笑)

D:「次回には特定疾患の書類を用意しておきます。炎症反応も結構高いので、カロナールも処方します。」

CRP1.6・・・・・私の1/26くらいじゃん。。。俺、重症患者や。。。。やはりベーチェット病の方がひどいのか。

まぁいつもそうではないが、私がCRP1.6でしたら、「こんなもんでしょ。普通普通。」と言われます(笑)

先生にもよるかもしれないし、男女の差もあるかもしれません。


こうして夫婦揃って難病患者確定となりました。
帰宅して薬をしらべると・・・ゼンタコートカプセル?ステロイドじゃん。。。ただ容量が少ないからいいのかな?

それに薬代・・・・おいおい1万超えじゃん。。。。。。。どうーすんのこれから。
毎月1万のローンみたいなもんじゃ。。。。。。

病気の重症度では私に軍配が上がったが、薬では嫁に負けた。いやいや勝ちたくないわ。
特定疾患の申請しても上限ギリギリだから結局最低1万は払うことなるのかな。
うーん・・・


しかしクローン病、食事制限はかなり厳しいな(-_-;)
食べちゃダメ。飲んじゃダメなものって嫁の好きなもんばっかりだし、ストレス溜まるなぁ。
まぁゼロにしてくださいではないだろうから、ほどほどにしようという事で夫婦で結論としました。
来月受診時に栄養士さんからも説明があるようなので、次回は一人で行ってもらい、質問項目は文章にしておきます。

さて、次は私だ。。。あさってフルコース。昼飯も医大。薬忘れないようにしなきゃ。夕方なるはやで帰りたいが。。。






nice!(0)  コメント(0)